いろは歌のなぞ

いろは歌のなぞ

「いろは歌」を七文字で区切って、七文字目を並べてみると「とがなくてしす」になります。

芝居の題目で「仮名手本忠臣蔵」というのがあります。
この仮名手本とは、忠臣蔵四十七士の面々が討ち入り後、お上の一方的なさばきで、切腹を余儀なくされた無念を「いろは歌」に託して「おれたちには罪はない」ことを訴えているという作者の意図があるようです。