高齢社会を生きる

幸せな高齢者の三つの条件

1.学ぶということ

 決して書物を広げて学ぶことではない。人々とのふれ合いを大切に思いを交換すること。
過ぎたるは返らず・・・常にこれからを思い、これからのことを見つめること・・・。これが正に学ぶということそのものである。

2.稼ぐこと

 これはお金を稼ぐことではない。人とのふれ合いを通し、心を発散して笑い転げること。心にわだかまりを持たないことこそ、健康の源でもある・・・健康を稼ごう。


心こそ 心まどわす心かな
心に心 心ゆるすな
(一休禅宗)

心ほど大切なものはないを詠んだ歌

3.時にあくびすること

 自由奔放な自分をさらけ出し、あらゆる思いを満たし、たくましく生きるための量を養う源点をもつこと。

旅行・歌う・踊る・食する

 

大橋 春男

次回・・・余暇を活用する趣味 三つの条件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です